· 

『NADESHIKOフットサルリーグ レディースsummerの部』2019.07.14

今回は摩衣子、宏美、扶美、沙織、友里恵、恵理の6人しかおらず、交替選手が1名という緊急事態でした。

結局、友里恵と恵理は2試合出っ放しにしてしまいましたが、何とか頑張り抜いてくれました。沙織、宏美、扶美の三人は交互に交替しながら体力を維持しつつプレーしてもらいました。

扶美は大会運営スタッフとして本部に張り付きながら試合も活躍してもらったため、負担もかなり多かったことと思います。

友里恵、恵理、扶美の三人には複数のポジションを担当してもらいながら、六人の体力と気力を結集して2試合を戦い抜きました。

初戦はmeninaさんが相手。昨年あたりから段々と力をつけてきた手ごわい相手です。しかも控え選手の数も豊富で、FPの4人全員交替させてもまだ余裕があるほどでしたので、体力面では圧倒的にこちらが不利でした。

しかしながら、彼女たちは予想を遥かに超える活躍をしてくれました!

何と目の覚めるような速攻から鮮やかな先取点。沙織からの攻撃が宏美の初得点をもたらし、最高の盛り上がりとなりました。

前半のうちに同点とされましたが、後半も一進一退のゲームを最後まで必死に戦い抜き、1-1の引き分けで貴重な勝ち点1をゲットしました。

 

2試合目はHOKUSEI Girl’s FCさんが相手です。

中高生のスピードと持久力にどう立ち向かっていくかがキーポイントでしたが、1試合目で自信を持ってくれたのか、比較的安定した戦いぶりでした。

試合経験を増すごとにプレーがどんどん安定してきたGK摩衣子の活躍に随分チームは救われました。

また、宏美にとっては今までの中で一番長くピッチに立っていたため疲労感はあったかと思いますが、かなり試合慣れ出来たはずです。1試合目での得点が自信につながり、2試合目はさらに動きが良くなっていました。

PIVOの沙織のところでボールが収まるようになり、球際での粘り強さから相手ボールを奪い取るシーンも増えて来ました。

扶美、友里恵、恵理の三人が複数ポジションをこなしてフレキシブルに対応出来たのも人数不足による体力消耗を少しでも軽減できた要因でした。

この試合では後半に先に点を奪われるも、決して諦めなかった!

残り時間があと僅かとうところで恵理が気持ちよく1点を決めてくれました。

結局、終わってみれば2分けで負けなし。4試合を終えて4分けと、勝ち星こそないけれど負けが一つもなかったのはチーム力が上がった証拠だと思います。

8月は何とか多くの方に出場していただき、またみんなで大いに盛り上がりたいと思います。

今回も応援に駆けつけてくれたドリームチームの龍弥くん有難うございました。