ケガ予防のTR&ケア

「ケガをしながらも頑張ってプレーした」「捻挫はケガではない」「気持ちでやり切れ」・・・

美化されがちな話ではあります・・・

シーガルでは選手たちのサッカー競技人生を尊重し、ケガを予防するために必要なこと、無理してでもやるのではなく休む勇気、休む期間にできることを教えていきます。

中学生年代は成長期に伴うケガが多くあります。ケガをして長期離脱することを避けるために、練習前のトレーニングや練習後のケアを徹底しています。専門家のアドバイスを取り入れながら、選手が自分自身の体としっかり向き合っていけるように取り組んでいます。

TR前には万全の準備を

練習前には10分程度のアクティブストレッチを実施し、ケガ予防&最大のパフォーマンス発揮の準備を念入りに実施します。

TR後のケアの徹底

練習最後の10分間はケアの時間を設けています。おろそかにしがちなケアを徹底し、ケガのリスク減少に向けて取り組んでいます。

予防・強化TR&ケア勉強会

定期的に専門家を呼んで、予防や強化、ケアの勉強会を実施しています。また、日ごろからリハビリ組にメニュー提供をしていただくなどケガをしない取り組みだけでなく、ケガで離脱を余儀なくされた選手に対しても復帰に向けて万全の体制を整えていきます。